「モテる男/モテない男」の境界線。女性はどこで判断している? パート3

GWも今日で終わりますね、今年は長い休みだったのでのんびりと過ごせましたかぁ・・・明日からは仕事頑張って下さいね。

今日は1日ゆっくりしてお過ごし下さい。

さて、3回に分けてお伝えしましたが改めて自身に心掛けてみて下さい、きっと女性からの反応は変わると思いますよ。

5 モテる男はポジティブ、モテない男はネガティブ

 よく「マインドは思考になり、思考から言動として、相手へ表現される」と伝えています。ポジティブ、ネガティブというのは物事の捉え方や思考の癖から来ています。

ネガティブが悪いわけではありません。しかし、人の脳は、自分の考えを正解にするために証拠と理由探しをするようにできているので、ネガティブな思考にはその考えを正解にするために情報をフォーカスするようになってしまっています。

 ネガティブな情報にフォーカスしている脳を持った人は、使う言葉もマイナスに近い言葉になりがち。なので、ネガティブは恋愛をする上ではよしとはしていません。周りをネガティブ感情へ引っ張ってしまうため、一緒にいて心地いいと思われる相手になりません。

 さらにネガティブ思考とは、「傷つきたくない」という自分を守る思考から来ていることも多く、傷つきたくないガードのためのネガティブ思考は、自分の考え方を正しいと相手に押し付ける傾向にあります。

 相手と考え方が違うと、相手の間違いを正そうとしたり、相手と自分は合わないと、自ら離れたりするのです。

 モテる男の思考であるポジティブに変化させるには毎日のトレーニングが必要。ネガティブワードが浮かんだときに、すぐにわざとポジティブワードも使ってみましょう。

 例えば、強く指摘してくる女性に会ったら、「我の強い女」ではなく、「芯の通っている女性」など、あなた自身の言葉の引き出しを増やして、自然とポジティブな思考が生まれやすいようにトレーニングしてみてくださいね。

 多くの人は自信がなかったり、傷ついたり恋愛に対して臆病な気持ちを持っています。私も例外ではありません。

 しかし、すべては自分次第で「モテない」から「モテる」に変化させることは可能なのです。現実を変えられるのは自分だけ。「モテる」は生まれながらのものでも、運でもありません。自分の努力で作りだせるものです。

 ぜひ、ひとつでもチャレンジしてみてくださいね。

お知らせ一覧へ