「紅葉」なぜ秋になると葉は赤く染まるのか?

今年も紅葉の季節がやって来ました。

秋から初冬を感じるロマンチックな季節ですね・・・

のんびりと移りゆく自然を確かめて下さいね。

さて秋になると耳にする「紅葉前線」や「紅葉狩り」。いずれの言葉にも,赤く色づいた葉を意味する「紅葉」が入っている。しかし色づくのは赤色だけではない。読み方は同じだが,黄色く色づいた葉を意味する「黄葉」も秋を象徴するものだ。それぞれを代表するのは,紅葉ではモミジ,黄葉ではイチョウでしょう。

葉の色が赤や黄にかわるのは,落葉する前におきる,葉の老化現象の一つであると考えられている。それでは,なぜ老化すると色がかわるのだろうか?

かくれていたり,つくりだしたり そもそも,なぜ多くの植物の葉は若いときは緑色をしているのだろうか。これは,葉の中にある「葉緑体」が行う光合成と関係がある。光合成とは,光を利用して,二酸化炭素と水から,糖をつくりだすことである。光の中でも,植物が使うのは赤色や青色の光である。残った緑色の光は,使われずに葉の表面で反射してしまう。そのため,私たちの目には葉が緑色に見えるのです。   光を受け取ったり反射したりしているのは,葉緑体にある「クロロフィル」という色素である。「葉の老化が進むと,クロロフィルは分解されていきます」と,静岡大学創造科学技術大学院でクロロフィルの分解過程を研究している塩井祐三教授はいう。クロロフィルの分解が進むと葉の緑色は薄まる。そのかわり,葉に含まれていた別の色素の色が目立つようになる。それが,黄色の光を反射する「カロテノイド」色素なのです。

若い葉に含まれているクロロフィルの量はカロテノイドの約8倍多いため,春から夏の間は,黄色はかくされていて見えない。老化が進むといずれの色素も分解されるが,カロテノイドの方が分解速度が遅いため,葉はだんだんと黄色に変化する。イチョウの葉はこうして色づくのです。

では,モミジの赤色も最初はクロロフィルにかくされていたのだろうか? 実はそうではない。赤色は,新たにゼロからつくりだされるのだ。つくりだされるのは,「アントシアン」という色素である。糖やアミノ酸から合成され,細胞内の「液胞」という袋にためられる。

このように,葉の色がかわるメカニズムは解明されているが,実は紅葉や黄葉することにどのような意味があるのかについては,まだ定説がありません。紅葉や黄葉の進行は気象条件に大きく影響を受けるため,野外での実験が行いにくいためなのです。

寒さと日光であざやかに色づく 美しい紅葉・黄葉がみられる場所は,観光名所にもなる。葉がとくに美しく色づく条件とは何だろうか?

一般的には,十分な日光と適度な低温,そして適度な湿度が葉をよりあざやかに色づかせるといわれている。また,適度な湿度があると葉が乾燥せず,きれいに色づくようです。

さて今年はどんな紅葉・黄葉がみられるでしょうか?

yjimage

お知らせ一覧へ