これですっきり!7つの婚活疲れを解消する対策と方法 パート2

こんにちは。

今日は前回に続いてアラフォーの男女で共通して見られる婚活疲れ「どうして婚活疲れは起きる?7つの主な原因」の対策と方法についてのパート2をお伝えします。

3、お断わりが続き、「次もどうせダメだろう」と無力感を抱いている。

対策:「絶対に次もお断わりされる」という信念を変えるステップを踏む! 何度もお断わりが続くと、その人のなかに「婚活をdしても自分は断られる」という信念が形成されます。信念である以上、事実ではありません。信念を変えるには、まずはどのような状況だと自分はお断わりを受けるのか?そしてそれは本当に100%なのか?を紙に書き出していきます。状況を整理すると、すべての場合でお断りを受けるわけではないことに気づくはずです。「そういえば、3ケ月前の婚活パーティーではカップルになったっけ・・・」と成功体験を思い出すこともあるでしょう。また、同じような状況でもうまくいっている人の近くにいくと、「私も出来るのでは?」と良い影響を受けることもあります。他にもうまくいっている人の近くにいくと、「私もできるのでは?」と良い影響を受けることもあります。他にも全く違う出会い方を試してみるなど、方法や環境を変えて心機一転するというのも、ひとつの手です。

4、好みではない相手からアプローチされて断るのに気遣いをしすぎている。

対策:アクセス制限機能など、システムを利用する! 大量に好みでない方からのアプローチを受けることは、確かにストレスです。しかし、自分の好みの条件・プロフィ-ルの方以外には自分のページにアクセス出来ないようにするなど、いまの結婚相談所では有効なシステムがある場合があります。もしそうしたシステムがなくても、安心して下さい。少し厳しい言い方ですが、お断わり自体は義務ではありません。あなたがお断わりを入れる作業にストレスを感じるのであれば、好みではない方からのアプローチは無視するのもひとつの手です。「それだと相手が困ってしまうのでは?」と思う方は、相手とあなたの人生で起こる問題に区切りをつけましょう。相手がどう思うかは、相手の責任です。

お知らせ一覧へ