これですっきり!7つの婚活疲れを解消する対策と方法 パート3

こんにちは。

もう今年は仕事納めも終わってお休みの方も多いのでしょうか、今日から帰省の方もおられると思いますが年末寒波ですね。ちなみに彦根は朝から雪が降っています。寒い1日になりそうです(*_*;

今日から明日にかけて広範囲で雪の影響もありそうなので帰省やお出掛けに車の運転は十分気を付けて下さいね。

今日は前回に続いてアラフォーの男女で共通して見られる婚活疲れ「どうして婚活疲れは起きる?7つの主な原因」の対策と方法についてのパート3をお伝えします。

5、会ってみて全然好みではなかったときのガッカリ疲れを起こしている。 

対策:期待値を下げて、いきなり婚活の対象としてみるのはやめる! ガッカリするということは、あなたの期待値が高い証拠。いきなり「運命の人だ!」と思える人が現れるのは無理なことです。まずはお友達レベルから、会う人のこと考えてみましょう。また好みでない人と会ったときには、もう二度とその人とは会わないはず。逆転の発想で、二度と会うことのない人との会話を楽しんでみることをおすすめします。様々な仕事の人と会えるのは、婚活の素晴らしいメリット。相手の仕事について聞いてみると、自分の思わぬ良いヒントを得られることもあります。

6、モテファッションや趣味を意識しすぎて自分らしさを消耗しすぎている。

対策:自分らしさを無理に殺す必要はなし。逆に思いきり出してみても良い! 女性であれば清楚なワンピースなど、一般的にモテファッションというのはある程度決まっています。男性の好みの傾向からそうなるのですが、着ている本人のストレスとなる場合もあるでしょう。その場合であれば、そうしたファッションを無理に着る必要はありません。周りから見ても、本人が無理しているのは感じられます。それよりも、あなたらしい服装や趣味を楽しむ方が、長期的に良い関係を築ける相手と出会えるはず。偽りのあなたを演じてモテたとしても、それは本当のあなたとパートナーシップを築きたいというわけではありませんから。

 

お知らせ一覧へ