今年の桜は

こんにちは。

今年の桜の開花は早いですね。

大阪、京都はもう満開です、昨日は気温が上がったせいか滋賀も8分咲きですね。

今日はあいにくの雨で折角のお花見が残念ですが、明日からお天気も回復するので滋賀でもあっちこっちで満開の桜が見れそうですね。

コロナ渦の中でゆっくり花見も出来ませんが、1年の中のこの時期だけです。

桜の時期は短いので見逃さないようにして下さいね。

ちなみに人と関わる日々の中で、やはり自分には好印象を持ってもらいたいもの。しかし、頭ではわかっていてもなかなか難しいですよね・・・

そこで今回は、恋愛だけでなく、ビジネスや私生活でも役立てられる、人に好印象を与えるコツをご紹介しますので、是非チェックしてみてください。

「人の名前を覚える」 一度しか会ったことの無い相手が、自分の名前を覚えてくれているとうれしいものです。「ちゃんと自分の事を覚えてくれているんだ」と、一気に好感度が上がります。もし、万が一忘れてしまっていても、共通の知人などから聞いて確認しておきましょう。会った時に名前で呼ぶ事で、あなたの印象はグッと良くなります。

「相手の変化を見る」 人は日々の生活の中で、いろいろと変化していきます。髪を切ったり、スタイルが良くなったり、顔つきが変わったり、ファッションが変わったり。特に女性にはこれが多いので、小さい変化にも気づいてあげましょう。「髪型変えたね」や「今日は大人っぽいファッションだね」など、変化に触れてあげると、「気にかけてくれているんだな」と喜んでくれます。普段から変化を意識して、人と接しましょう。「気持ちを言葉に」どんなに親しくても、何かしてくれた時には「ありがとう」や、悪かったと思った時には「ごめんね」など、気持ちをキチンと言葉にして伝えましょう。相手を選ばず、そういった気持ちを持って接していれば、まわりのあなたを見る目も変わっていきます。

「強がらない」人は、強いだけがすべてではありません。誰でも強い部分と弱い部分があった方が、人間らしく、親しみやすいものです。強がりすぎてしまうと、かえって入る隙間が無く、良い印象を持たれません。自分のダメな部分は素直に認め、さらけ出すことも多少は必要です。

このように、ちょっとした気遣いや気持ちの切り替えで、好印象は与えられます。普段から使えるものばかりなので、是非活用してみてください。

昨日、満開の桜を見つけました。やっぱり桜は綺麗ですね!

桜2

お知らせ一覧へ