会話のコツ!

こんにちは。

今日も秋晴れの気持ちいい一日ですね。

さて今月の25日は弊社もひこね燦ぱれすで婚活パーティーの開催ですが、折角参加されても上手く会話が出来ないのは残念ですよね・・・

会話は人と人とのとても大事なコミュニケーションです、初めて会う人と気が合うかどうか判断する材料として、とても重要なポイントです。

初めての出会いをどのようにしたら相手の気を引くことができ、すてきなコミュニケーションとなるような会話ができるのでしょうか。

すてきな会話をするために女性と男性の会話に特性があるということを理解することが一番の近道ですよ。

女性の会話の特性はおしゃべりを通じて人間関係を作りあげていく人が多いです。

コミュニケーションとなる会話をするには、女性は、一日に約2万語を話さないとストレスで病気になるとも言われています。

物事を伝えるときは、さまざまな感情の移り変わりを織り交ぜながら話を進め、最後に結果にたどりつく傾向にあります。

さらに同意や共感をしてもらいたいという思いを込めながら会話を進めます。

このとき男性にはただ、感情を受け止めてもらいたいのです。だから男性は意見を言う必要はなく、感情を受け止めてくれると、女性はとてもうれしいと思うのです。

では、男性の会話の特性は女性が一日に必要とする言葉の数の約3分の1強で十分足りるそうです。

また、女性に投げかけられた質問に対して、一生懸命きちんとした自分の意見や答えを用意し、伝えなければいけないと思うのです・・・ ですから、女性の意見に共感していない意見を言っても、決して否定しているわけではないのです。

さらに、何かをしながら同時に会話を聞くことは困難なようです。だから決して、聞いていなかったり、関心がないのではないのです。

また、ある事実を伝えるときには、まず結果から話し、それに続けてその結果にいたった経緯を話し始めるのも特性です。   このような特性を理解して会話をすることで、より相手を理解しやすくなります。

男性と女性にはそれぞれ会話の特性があることを知らず、誤解が生じて会話が弾まなくなり、お互いの気持ちがかみ合わないことがあります。

出会うチャンスが訪れて、この先多少のすれ違いがあったとしても、一度立ち止まって、この男女の会話の特性に当てはめて考えてみてください・・・

お知らせ一覧へ