女性が求める結婚対象の条件

こんにちは。

今年もあと2週間になりました、来週はクリスマスですね。

街はクリスマスの雰囲気とイルミネーションが綺麗です、一緒に楽しめる人がいればいいですね・・・

ちなみに、最近の婚活ブームにのって今まで意識しなかった「結婚」について考えてみましょう・・・

恋愛対象ではなく、結婚対象の男性が世の中に何人いるのか? 受験や就職活動の場合だと、自分の希望やレベルに合わせて学校や会社を選ぶ。そうすると、案外選択肢は狭まるもので、ある程度妥協したりして決めたりするシーンもあるのではないでしょうか?

婚活の場合はなかなかそうもいかず、条件が多いために、『いい人がいない』という人は少なくないのでは・・・

そこで、最低限の条件で実際に今、結婚対象が何人いるのか絞り込みをしてみました。 まず、日本で生まれ育ち、基本的に日本語しか話せない女性で日本人の男性のみが基本的な結婚対象の方ですが・・・ そして、赤ちゃんや高校生、高齢者などは対象外になり、年齢では大体30~45歳位が希望。この時点で約1600万人になります。 さらに既婚者はもちろん対象から外し、年収(400~500万位)、心身ともに健康な人などを上げると、先程の約半分の約800万人位になります。ここに、自分の趣味や好みを入れたり、喫煙者や同性愛者などを色々除いて絞り込んでいくと決して多いとは思えない人数です(年収1000万以上やイケメンなどと、決して贅沢は言ってはいないと思っているのにね・・・)

一生一緒に歩んでゆくパートナーだからこそ、妥協せずしっかり選びたい結婚相手、情報化社会でものがありふれている世の中、年齢を重ねるうちに目が肥えてゆき、結婚相手に求める条件も厳しくなっていくのです。

失恋などしたときの慰めのセリフに『男は星の数程いる』なんて言うけど、実際どうだろうか? 結婚対象の条件に当てはまる素敵な男性はそう多くない、さらにその人から愛されるなんてほとんど奇跡なのです・・・

これから先、運命の人に出会えたら、精一杯愛される努力をしようと思って下さいね。

お知らせ一覧へ