好感度UP!恋を引き寄せる笑顔の作り方!

こんにちは。

今年の12月は寒さが厳しそうですね・・・来週は平野部もそろそろ雪になりそうです、雪対策が必要ですよ。

ちなみに笑顔を見た瞬間、相手を恋愛対象として見始めたというエピソードを一度は聞いたことがあるのでは? 

恋を呼び込むような、華やかな笑顔の作り方と、日常への取り込み方をお伝えします・・・ 「無表情な美人は観賞対象。笑顔がかわいい子のほうが彼女にしいたい」という声も。 どんなときに恋に落ちたか統計を取ると、1位にくるのは大抵「笑顔を見たとき」です。ふとした瞬間に見せる素敵な笑顔は、ズキューンと心に刺さって、恋愛対象になるターニングポイントとなります。

相手が自分に好意を持っていると思ったら、自分も好意を持つことを、心理学では「好意の返報性」と呼びます。 人は自分に向けられた笑顔を見ると、自分に好意を持っていると感じ、自分も相手を好きだと感じてドキッとするのです。

つまり笑顔を効果的に使えるようになれば、恋愛を少しだけ有利に進められるといえます!

笑顔になろうとすると、作り笑顔になってしまう人も多いはず。ここからは、手鏡を持って自分の笑顔をチェック!

・口は、口角がキュッと上がった逆かまぼこ型で、上の歯が見えている (上の歯ではなく下の歯が見える笑顔だと、卑屈な印象になるので注意!)

・目尻が下がっている (目が笑っていないと言われる人は、目尻を意識)

・頬の表情筋が左右のバランスよく上がっている (片方だけが上がった笑顔はニコッではなく、ニヤッに見える)

上記3つの条件が満たされた笑顔は、相手も思わず反射的に笑顔になるような、華やかな笑顔です。鏡の前で練習してみましょう・・・  「笑う門には福来たる」はあながち間違ってないですよ!? いつもムスッと不機嫌そうな人と、キラキラと輝く笑顔の人、話し掛けやすいのは後者だと思います。笑顔には、恋愛を引き寄せるだけではなく、自分を受け入れてくれていると感じさせる効果もあるのです。

笑顔でいることで、いつも心に余裕がある大人に見えますし、心が広い人という印象を与えます。また、ギャップやかわいらしさを感じさせる効果もあるので、人間としての幅を感じる人もいるようです。

不思議なもので、あまり楽しくないときでも、口角をキュッと上げて笑顔を作っていると、なんだか楽しい気分になるもの。「嬉しい」「楽しい」「好き」「元気」のシンボルである笑顔には、自分をポジティブにしてくれる力もあるようです。

日常的に笑顔をたくさん見せるようにして、自分にとっても他者にとっても気持ちの良い人間関係を築きたいものですね・・・

お知らせ一覧へ