守ってくれる男の見極め方!!

こんにちは。

今週は敬老の日の祝日もあって3連休でのんびりお過ごしでしょうね。

せっかくの連休ですが秋雨のせいか雨模様です、これからは一雨事に気温も下がって秋の気配ですね・・・

朝夕の気温差の変化で体調を壊さないようにして下さい。

ちなみに女性にとって一番必要な男性の条件とは守ってくれる人ですよね!

では「守ってくれる男とは」

ちなみに守ってくれる男性といっても、その女性が男性に何を期待しているかにもよります。 でも、「この人といると安心」だと思える頼もしい相手であることに違いありません。

逆に、期待を裏切られてばかり、不信感が募りがっかりさせられることが多いと、「この人には守ってもらうことを期待できない」と判断されることになります・・・

大人の女性が日常生活の中で、身の危険を感じて誰かに守ってもらわなければならない状況というのは、めったにないですよね。しょっちゅう非常事態に陥っていたら大変です。ですから、普段のなにげない場面で安心感を与えてくれる人、女性の気持ちを理解しつつ責任ある行動をとれる男性が自分を守ってくれる相手になるわけです。

・心から信頼しあえる ・つらいとき、落ち込んでいるときに支えになってくれる ・何でも相談できる ・一緒にいるとほっとして、のびのび自分らしく過ごせる ・責任感があり、大事な決断を人任せにしない ・さりげない気遣いや優しさを感じる

特別なことがなくても、その人がいるから心地よい時間が過ごせる。穏やかな気持ちでいられる。日頃ストレスと戦うことが多い女性ほど、守られたい願望が強まるのかもしれませんね。

では、守ってくれる男の見極め方は?

「守ってくれる男を見極めるには」

危機一髪、人生最大のピンチで助けてもらったら、「この人に守ってもらえた!」と実感できますが、見た目や口先の甘い言葉だけでその人を判断するのは難しいものです・・・

実際に守られている女性に聞いてみると、「一緒にいるだけで、何だか安心できる」「思わず弱音を吐いても、ドーンと構えていてくれて味方になってくれる強さがある」「とにかく優しくて、私のことを一番に考えてくれる」など、愛されていることを実感できる相手こそ守ってくれる男だといえるようです。

愛されていることを実感するためには、誠実に自分と向き合ってくれる相手かどうかを見極めることが重要です。

・自分の考えを押し付けるのではなく、きちんとコミュニケーションがとれる ・時間、お金にルーズではない ・平気で嘘をつかない ・態度、行動で安心させてくれる ・優しい言葉、元気が出る言葉をくれる ・恋愛感情を抜きにしても人として好き ・出会えたことに感謝できる

片思いしている期間が長い、もしくは長かった場合や相手に対する期待が大きすぎるときは、さらに冷静に判断するのが難しくなります。相手のいい部分だけを見ようとしない、プレッシャーを与えることのない一歩引いた状態で考えてみてください。 一方的ではなく、お互いに安心して過ごせる相性かどうかを見極めることが大事ですよ。

お知らせ一覧へ