彼女できない!「なぜダメ」チェック!

こんにちは。

昨日は彦根も雪がちらついてました、そろそろ雪の季節ですね。

明日の朝はどうでしょうか?これから通勤には気を付けて下さいね・・・

さて頑張っているのに彼女ができない!今日はその謎を解明すべく女性の意見をヒヤリングされた結果をお伝えします。 その結果、グレーゾーンに多くの「NG」が隠されていました! こんなアクションは女性を遠ざけます!

ちなみにいくつかチェックポイントをあげてみたがどうだろうかと?今回は敢えて、重箱の隅を突くようなニッチな意見を挙げてみます。

女々しくないか?   女性たちが嫌う、男性の女々しさとは、たとえばこんなところです。なにかというとできない理由を探しては後ろ向きな発言をする。「でも」「だって」が頻発する。すぐにへこたれて打たれ弱いし、愚痴が多く人をねたみがち。 会話の中で相手のあら探しをするのが好きで、そのくせ自分が間違えたときには「ごめん」と言えない。こういう、女々しいというか、あまりに人として幼稚な言動を繰り返していると、それはもちろん恋の可能性はゼロです。とくに最近のきりっとした男らしさを持っている女性たちは、「ダメだこの人は」と匙を投げてしまうことなのでしょう。

さて続いていってみましょう!こんなアクションしてませんか?

ジュース代まで請求していないか?   ふたりでウォーキングデートを楽しんでいるときに、「なにか飲み物を買ってこようか?」と申し出るまではいいのですが、そのあと、ジュース代150円を請求したりしていないだろうか?もちろん、高価な料理やフルコースディナーをおごる必要はないのですが。だが、ワリカンにこだわり、たった150円をもったいないと思ったばかりに、それまでの素敵な雰囲気が台無しになってしまっては、それこそもったいないことこの上ないです。デートの基本ではあるが、あまりに「あの一瞬で、人格を疑いだした」と語る女性が多いので、今回、敢えてリストに入れてみました。

車庫入れが下手ではないか?  これはもう正直、女性からのいちゃもんレベルの話になってしまうのだが、男子たるもの車庫入れが上手でなければならないと思っている女性は、まだまだいるようです。車を持っていない男性であれば、たまの運転で車庫入れや縦列駐車が上手にできるはずはないのだが、女性の妄想はたくましい。失敗したその瞬間に、男性のことを、不器用で、自信がなく、慌てる姿がみっともない、と恋が冷めてしまう女性がいるようです。辛い事実だが、肝に銘じましょう・・・

家族の話をし過ぎていないか?   何不自由なく家族と円満に過ごししてきた、育ちの男性であればあるほど、家族の話を自然にしてしまいがちです。ところがそれも、度を超して自慢めいて話したり、なにかというと「父もそう言ってた」「母は何て言うだろうな」と家族のことを持ち出すと、相手としては自立できていない印象を持ってしまうのです。逆に、小さいころに家族から受けたトラウマを毎回のように暗い面持ちで話すのもいただけない。家族との距離は適度に保っていることを、相手にアピールしたいものです。

知ったかぶりをしていないか?  「あー、あれね」「知ってる、知ってる」と知ったかぶりをするのは、極めて評判の悪い行いです。微妙な空気を感じ取って、すぐに「ごめん、しったかぶりしちゃった」とカミングアウトするならまだいいのだが、話が食い違ったとたんに不機嫌になったり、その対象をけなし始めたりすると、底の浅い男と思われる。気をつけましょう。

声が小さくないか?  人の声が大きい場合は、「しーっ」などとたしなめやすいが、その逆はなかなか難しいので、たまにビックリするほど声が小さいままオトナになっている男性がいます。相手としてみれば、いちいち「え?」と聞き直さなくてはいけないし、耳に神経を集中させなくてはいけないのでとても疲れる。怒鳴る必要はないが、通りのいい声を心がけましょう!

おじいちゃんウォーキングシューズを履いていないか?   機能的で疲れにくく、エコな素材でできている高齢者向けウォーキングシューズ。これをデートに履いてこられて、ゲンナリしたという報告も上がっています。本当に細かい点ではあるが、女性たちが男性の足元のオシャレをチェックしているということは、いつも忘れないようにしましょう。

プチ酒乱の気はないか?   相手の酒の酔い方で恋が冷めたという女性は実に多いのです。最初のうちは陽気なのだが、酔ってくると次第にひがみっぽくなったり、すねたりする。さらには、頭ごなしに物事を決めつけたり、ヒステリーを起こしたりする男性も・・・注意をしても聞かないし、頭の巡りも悪くなってとんちんかんなことばかり言うようになる。もうこうなると、男女の深い語らいはできないので、パートナーとしては信頼されなくなります。とくにお酒の強い女性の前でへべれけになるまで飲むのは避けるようにしましょう。 

基本的なみだしなみや振る舞いについては、各自で勉強してもらいつつ、それでもどうもうまくいかないという人が行う最終チェックとして参考にして頂けたら幸いです

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

お知らせ一覧へ