恋のブランクを埋めるには・・・?

こんにちは。

今日は小春日和で行楽に出かける方が多いでしょうね。

朝から他府県からの観光客で彦根も道路が混んで来ています・・・(^^;)

この季節、紅葉デートは最高ですよね。

ちなみに 女の子の中には、“特別モテないわけじゃないのに、なぜかずっと彼氏がいない”なんていう子も結構多いものです。 そんな人からはよく「好きな人ができにくい」という話を耳にするのですが、こうした悩みを持っている人って案外少なくないみたいです。 たしかに、恋愛をスタートさせようにもなかなか好きな人ができない場合は、何をどうしたらいいのかわからないですよね(涙)。そんな、「自称・好きな人ができにくい人」について、心理カウンセラーのお話をお伝え致します。 好きな人ができにくい人には3つの内面的な理由が関係しているそう。その理由とは・・・

【恋愛モードになりにくい】 例えば、仕事を頑張りすぎている人。仕事に必要な力は、論理力や行動力といった“男性的”な力が多いため、つい女性の心を置き去りにしてしまうのです。また、ずっと女子校育ちで男性のいる環境に慣れていないことから、恋することを『怖い』『恥ずかしい』と感じてしまう人も、恋愛モードになりにくいもの。ほかにも、セックスを悪いことだと感じてしまうなど、恋愛する力を自ら抑圧してしまう人もこのタイプです。

【心の傷が原因になっている】 失恋など、過去のつらい傷が原因で好きな人ができなくなっている場合もあります。無意識のうちに『またあんな辛い思いをしたらどうしよう・・・』と考えてしまい、なかなか人を好きになれないのです。また、幼少期に親に愛されたと実感できなかった人にも同じような心の傷が。『自分なんか愛される訳ない。だったら最初から愛さない方がいい』と、人を好きになることを恐れてしまうのです・・・

【恋愛の中に“好き”以外を求めてしまう】 これは、婚活中などで出会いが多い人にありがちです。恋愛対象となる相手を“減点法”で見てしまうクセがあるため、その人のいい部分を発見できずに終わってしまうのです。相手のことを好きという気持ちよりも『この人のこういう性格が私には合っていない』とか『この人のファッションが嫌だ』などと理想を追い求めてしまうため、好きという気持ちが“加点”されないのです。

なるほど・・・恋愛を邪魔していた理由は、こういうところにあったんですね。そうとわかれば、いい恋愛をするために自分を変えていかなくては! 

「恋を呼び込む魔法のステップとは」! 恋する気持ちを取り戻すには、まずは女性に戻るよう意識すること。メイクやファッションに気を遣ったり、エステで癒やされるのもいいですね。また、お風呂では自分の体をお姫様のように扱ってあげると効果的です。アロマにこだわったり、キャンドルを灯してバスタブにバラの花びらを浮かべたりしてみてくださいね。

次に、1日に10個“いいことメモ”をすること。『風が心地よかった』『ランチが美味しかった』など、何でもいいので小さな喜びを見つける練習をするのです。それが、“恋する喜び”という大きな喜びを手に入れるための準備になります。

あとは、どんな男性に対しても“いい所”を探すようにすること。付き合うか付き合わないかを前提とせずに、自分にとってその人のどんな所が魅力的か考えるようにしてください。

さらに、少しでも男性的な魅力を感じる相手とは積極的にデートをしてみることです。好きな人ができにくい人は、つい相手のことを『0か100か』で考えてしまいがちですが、実際は、30点でも50点でもアリなんです。その後に加点法で好きの気持ちを足していった方が、きっとうまくいくはずですよ(^.^)

これらを実践し続ければ、女性としても人間としても魅力的な人になれそうな気がします! 自分が変わり始めたとき、もしかしたらすでにすてきなパートナーは近くにいるのかもしれませんね!

お知らせ一覧へ