恋愛相手と結婚相手は違うか?

こんにちは。

毎日、35℃以上の暑さですね・・・今年の夏も猛暑みたいですが体調に気を付けてお過ごし下さい。

昨日はオリンピックが始まりました、暑さに負けずテレビの前で応援しましょう。

さて恋愛相手と結婚相手は別ではない!と言い切った人はたった2割。「結婚相手・恋愛相手に求める条件」も合わせて、恋愛の先に結婚はあるのか?

結婚生活に支障が生じにくい条件とは?   恋愛、デートが楽しくても結婚生活がハッピーとは限らない。 恋愛相手と結婚相手が別だという方が多数を占める根拠は、結婚とは日々繰り返される日常生活そのものであり、それを成り立たせるに当たって支障が生じにくい相手、これが結婚相手にするのにふさわしい相手だというわけです。以下の「結婚相手に求める条件」をみてもそれは一目瞭然です。

●「結婚相手に求める条件」

男性が重視する条件 1.性格・人柄 2.容姿 3.趣味が合う

女性が重視する条件 1.性格・人柄 2.経済力 3.向上心・前向きさ

どんな性格・人柄が結婚生活には重要かといえば、誠実さ、優しさが最も多く挙げられます。毎日一緒に過ごすのに、不誠実で嘘つき、浮気者であれば耐えられませんし、優しさがこれっぽっちもないような冷たい人なら、幸福を感じることはできません。

また、女性が重視する「経済力」。言うまでもなく、お金がなかったら生活は成り立ちません。借金、ギャンブル、怠け癖のある男性は、結婚生活には向かないでしょう。例えそこにどんなに強い愛情があったとしても、愛情だけでは生活はできません。優しさもまた然り。

恋愛相手としても結婚相手としても では、こちらも合わせて見てみましょう。

●「恋愛相手に求める条件」

男性・女性 1.容姿 2.趣味が合う 3.会話が上手

恋愛相手とは生計を共にしているわけではなく、一緒に過ごすのは“デート”という非日常空間でしかありません。ですから、デートの時間を楽しくハッピーに共有することができればOK!というわけです。恋愛相手としては上のこの3条件を満たしていれば最高。デートが楽しい。楽しいからもっともっと一緒にいたい。だから結婚したい!そして…。

この思いに“結婚相手に求める条件”がプラスできる相手であれば、幸せな結婚生活を送れる条件がバッチリ整ったことになります。しかし、恋愛がハッピーだからといって、恋愛相手としてよい条件だけで結婚してしまうと、日々の生活の中で少しずつ現実に足をすくわれはじめることに後で気づくのです。

結婚を考えている人は、恋愛相手を選ぶ段階から結婚相手としての条件も満たしている人をゲットしてしまうといいわけです(でも恋に落ちる時って、いつも突然で、条件等については後から知るものなのですよね…)。それには、条件が先にわかっている結婚相談所での出会いが、時間を無駄にしたくない人には有効といえますね!

お知らせ一覧へ