愛を感じる5つのツボは・・・

大好きな人に自分の好意を伝えようとしても、なんだか、上手くいかない。好きな人が、自分にしてくれた事が、ちっとも嬉しくない。

これって、相性が合わないからでしょうか?

いいえ、そうではなくて、「愛」を感じるツボが違うからなのだそうです。なんでも、人によって、5つの愛のツボがあるのだとか?

その5つのツボとは、「言語」「スキンシップ」「プレゼント」「時間」「奉仕」です。

「言語」がツボの人は言葉が通じ合うのが嬉しいし、ちゃんと言葉に表してくれると愛されていると感じる。それから、話しが合うとか、笑いのツボを抑えてもらえてたら気持ちが通じ合っている感じがするのですね。

「スキンシップ」の人は、触れ合いたい気持ちを受け入れくれたり触れてくれると嬉しく。

「プレゼント」の人は、自分が好きなものを知ってプレゼントされたら愛されていると感じるし、相手にプレゼントして、それが喜んでもらえるのも自分にとっての、喜びなのです。

「時間」は、一緒にいてくれること。自分といる時間を作ってくれ一緒の時間を共有できることに、この上ない喜びを感じます。

「奉仕」は自分のために、色々と骨を折ってくれると感じることまた、手間を惜しまず、相手に何かをする事が好きです。

と、それぞれに、されたりしたりする事で愛を実感できることが違うわけですね。もちろん、複合したり、微妙にさらに細かいツボはあると思いますが・・・

これが一致している事も相性のうちになるのかも知れませんけれど、一番大切なのは、相手が、そして自分が何がツボで、どうして欲しいのか、どうしてあげたいのかちゃんとコミュニケーションを取ることが、大切なんだと思います・・・

気になる人がいる方は、事前にしっかりデータを取って、ツボをしっかり抑えた、アプローチをしましょう!!

お知らせ一覧へ