“感情感染”で面白い男になれる?

こんにちは。

桜も散って新緑の季節ですね、お天気にも恵まれて今週からは夏日になるみたいですよ。

週末からは10連休のGWの方も多いでしょうね、行楽に旅行にと楽しんで下さい。

ちなみに合コンの席などで、女性陣に「どんな男が好み?」と聞くと、わりと高い頻度で「面白い人」という答えが返ってきます。

実際、お笑い芸人が今をときめく美女タレントと熱愛中、なんてケースは枚挙に暇がなく、面白い男がモテることは間違いないだろう。

外見に気を配ったり、スマートに振る舞えるよう努めるよりも、話術を磨く方がモテる男になるための早道なのでしょうか? 

たしかに女性というのはルックスの良し悪しよりも、ユーモアのある人を好む傾向はあると思います。 誰しも一緒にいて楽しい方がいいに決まっていますから、これは当然ですよね・・・

でも、他人を面白がらせるユーモアなんて、一朝一夕に身につくものではないでしょう。無理やり頑張ろうとしてサムいジョークを連発することにでもなったら、それこそ目も当てられない。できることなら、男性は常に3~5つくらい、ちょっとしたジョークをストックしておくべきです・・・

心理学には『感情感染』という言葉がありますが、感情は他人に伝播することがあるんです。 実際、他人を笑わせる力に長けた人は、自分自身もよく笑う傾向があると判明しています。やはり、よく笑う人の周囲には楽しいムードが自然と出来上がりますから、それだけ相手が笑う頻度も多くなるんですよ。

ユーモアを身につけるには、まず自分自身がささいなことで笑う訓練をすることが大切。つまり、カッコつけてクールな男を目指すのは逆効果。最初のうちは面白くなくてもわざと笑うくらいがちょうどいいのです。

自分の話で相手がたくさん笑ってくれると自信が生まれ、結果として男の魅力を上げることにもつながるかも知れません。 笑う門には福来るとは、恋愛にもいえることなのです。

お知らせ一覧へ