条件はパーフェクトなのになぜか結婚していない男性の特徴

こんにちは。

関西圏は全てコロナウィルスの緊急事態宣言が解除されたので今週末はやっと外食に出掛けたり行楽や買い物に行ったり出来ますね。今週から初夏のようなお天気に恵まれるので新緑の季節を外で楽しく過ごせたらいいですね。

でも、まだ気を緩めないで注意しないとこれからが大事ですからね・・・ほんと普段の生活がこんなに良かったと思うにはもう少しです。

さて、ちなみに「イケメン」「高収入」「高身長」など、結婚できる要素を兼ね備えた男性なのに、いざ付き合ってみると「これだから独身なのか」とガッカリさせられた経験がある女性は多いようです。では、好条件をフォローできないほどの男性とはどのような人なのでしょうか。 「条件はパーフェクトなのになぜか結婚していない男性の特徴9パターン」を紹介します。

【1】とにかく自分のことが一番大事で、協調性がない 「予定がすべて彼中心」など、「自分のペースを乱したくない」という男性の傲慢さに振り回されるパターンです。

【2】女性に頼らなくても家事が自分でできてしまう 「料理のダメだしをされて凹んだ」など、彼が女性の家事のやり方を厳しくチェックするケースです。彼との関係を維持したい場合は「それぞれ得意なことを分担しよう」など、お互いが不快にならない方法を話し合うことから始めてはいかがでしょうか。

【3】モテるがゆえ、まだ結婚に興味がない 「彼女がいても合コンに行きたがる」など、女性から引く手あまたであるため、家庭に落ち着く気がない男性もいるようです。長年付き合っているのに、彼に結婚の意識がないと感じたら「私と結婚する気ある?」と一度確認してみてもよいかもしれません。

【4】マザコンで、母親以上の女性はいないと思っている 「何かと母親と比べる」など、「自分の母親が一番正しい」かのように、彼女に母親のやり方を強要してくるケースです。あまりにも比較してきたら、「私はあなたのお母さんじゃない」など伝えると、これまでの勝手な強要を反省するかもしれません。

【5】部屋の家具が1cmでもズレたらイヤがるなど異様に神経質 「鍵をガラステーブルの上に置いただけで睨まれた」など、男性が「細かいルール」を押し付けてくるのにウンザリというパターンです。一緒に暮らしたとき、彼の細かさが許容範囲かどうかを一度想像してみると、彼氏選びに失敗せずに済みそうです。

【6】理想が高く、女性に求める条件が厳しい 「『何様?』ってくらい、髪型、服、料理といろんなことに注文を付けられた」など、彼女を自分の理想に無理矢理押し込めようとする男性から逃げた経験のある女性もいるようです。男性があまりにも厳しく要求してくるときは「本当に私のこと好きなの?」とストレートに聞いてみてもよいかもしれません。

【7】まじめすぎて、一緒にいても面白みがない 「ギャグが通じない!」など、冗談にいちいち正論で返してくるようなまじめすぎる男性も結婚相手にはならないようです。高スペックだからとすぐに飛びつかず、いろんな会話を重ねたほうが、付き合ってから失望せずに済むかもしれません。

【8】奥手過ぎて、自分から積極的に女性を口説かない 「気持ちが分かりづらい」など、恋愛になかなか結論が出せない優柔不断な男性は多いようです。男性の出方を待つばかりでなく、「付き合えないなら諦めるね」などはっきりした態度に出てみることも必要かもしれません。

【9】高収入や高学歴を鼻にかけて、女性を見下しているところがある 「『だから女は』が口グセ」など、何かと女性をバカにしたような発言をする男性も、彼女に愛想を尽かされやすいようです。仕事の悩みなどに「女なんだから辞めれば?」など性別を持ち出すような男性には気をつけたほうがよいかもしれません。

 

お知らせ一覧へ